うつ病と食事の関係性をチェックする|規則正しい食事が大事

うつ病の再発を防ぐ

包帯に巻かれたハート

うつ病は再発のリスクが非常に高い病気とも言われています。治療が順調に進んで、症状が安定し始めて「もう治った」と感じられる回復期に入るときが一番危ないので事前にうつ病の再発を防ぐ重要性についてチェックしておきましょう。うつ症状が強く発生する急性期が終わると、回復期に入って症状が徐々に改善していきます。その際に強い自殺念慮に支配されてしまうケースは少なくありません。いったん症状が軽くなって気持ちが落ち着いてくると同時に「もうあんな苦しい思いはしたくない」と再発を恐れてしまい、この世から消えてしまいたいなどの衝動に駆られてしまいます。そのため、回復期の際は再発リスクを下げるために治療が必要不可欠になってしまいます。うつ病の患者の多くは症状が回復に向かったとしても大体2~3年以内には半数以上が再発すると言われているほど、再発の危険性が高いです。また、再発してしまうと前よりも症状が重くなることがあります。そうなると、抗うつ剤などの薬の量を増加しないといけなくなる人もいるので、再発を予防するということはうつ病の治療において、重要になります。

うつ病の再発を防ぐ重要性が分かったところで今度は防ぐ方法をチェックしましょう。まず、維持療法で予防を行ないます。維持療法とは、病気が治った後も薬による治療を継続していくことを指しています。うつ病の場合ですと、突然薬の服用を止めるのではなくて、段階的に減らしていきます。基本的に服薬期間は大体1~2年ほどでうつ病が慢性化していたり、重症な場合は数年かかってしまう場合があります。次に不眠などの睡眠障害が発生してないかチェックしていくことがあります。夜眠れない、何度も目が覚めてしまうなどの不眠の症状が現れたときは、注意が必要です。うつ病が再発してしまったサインの可能性もあるので、放置せずに必ず担当医師に相談を行なうようにしましょう。また、再発させないために家族や身近な人によるサポートも大事になっていきます。家庭なら再発の重要性をチェックして理解することが肝心で、規則正しい生活を送らせるようにしましょう。会社なら仕事量を調節したりするなど、患者がストレスを抱え込まないような環境をつくったり、サポートしてあげましょう。