うつ病と食事の関係性をチェックする|規則正しい食事が大事

うつのサインに気付こう

看護師

うつ病は特別な病気ではないです。厚生労働省の調査によりますと、現在日本人の15人に1人はうつ病を患っているとの結果が報告されています。他の病気と比較してみてもその発症率はとても高くて、誰がかかってもおかしくない病状になってしまいました。近年だとうつ病を患っている人の数は増加しており、昔よりも身近な存在になっていることは明らかでしょう。うつ病の厄介なところは、その苦しみが周りの人に中々理解されにくいところです。家族や職場に迷惑をかけたくないと、不調に気づきながらも一人で抱え込んでしまう人もいます。それだと、疲労感や行き場のないストレスが溜まり続けて、症状が深刻化してしまうので大変危険です。周囲の人たちがうつのサインに気付いたりちゃんとチェックすることで、うつ病の回復に役立つことがあります。ですが、うつ病は目に見える病気でもないし、具体的な原因がある病気でもないです。もし、身近な人がうつ病を発症していたとしても、そのサインを見落としてしまうことも珍しくありません。うつ病のサインを事前にチェックしておくことで、いざというときに自分自身や身近な人が救われるでしょう。

うつ発症のサインには2種類が存在します。それは心のサインと身体のサインになります。心のサインは主にやる気が出ない、何もするのも億劫に感じる、急に落ち込んでしまう、ネガティブ思考になるといったような、後ろ向きな感情を抱えてしまいます。また、体のサインでは食欲不振である、寝つきが悪くて朝も早く目覚めてしまう、体調不良がずっと続いていると言ったような、身体の機能に影響を及ぼしているサインになります。うつ病は心因性の病気であると考えられていますが、その症状は身体にも表れてしまいます。目立った病変があるわけではないので、見落とし勝ちですが、心の問題だけとは限りません。心と身体の変化をしっかりとチェックすることで、うつのサインにいち早く気付くことが出来る可能性が上がります。また、うつ病をチェックする方法として自己チェックと呼ばれるものがあるので、うつ病と疑わしき人にはぜひ、行なってみるようにすすめましょう。この自己チェックには色々なタイプがあるのが特徴です。そして、うつ病の可能性がある場合は、早急に医療機関に行くことです。