うつ病と食事の関係性をチェックする|規則正しい食事が大事

うつ病の種類を見る

レディ

最近では研究が発展して、うつ病にも色々な種類があることが判明しました。そのため、うつ病と思っていても実は違う病気の可能性もあります。一回は名前を聞いたことある病気やあまり知られていない種類まであるので、チェックしておくといいでしょう。まずはじめに仮面うつ病と呼ばれているものがあります。名前だけのイメージですと、うつ病のふりをしていると思われがちですが、仮面をかぶっているのは症状になります。これは、身体的な症状が先に発生して、うつだということが自覚できないうつ病になります。発生する身体的な症状は色々あって、表面的な症状だけ治療を行なおうとしても、うつ病自体は解消できません。ですので、この病気の人は症状に応じて病院を渡り歩いてしまうことも珍しくないです。仮面うつ病と呼ばれる症状は口内の違和感や渇き、舌の痛み、頭痛、動悸、肩こり、胃の不快感、手足のしびれなどがあります。これらの症状をチェックしておきましょう。身体に異常もなくこの症状が発生したら仮面うつ病の可能性を疑ってみることです。この病気は自分では自覚することが難しい病気です。周りの何気ない一言でわかることもあります。また、仮面うつ病のチェックシートも存在しているので、もし症状が発生している場合などは利用してみると良いでしょう。

次に退行期うつ病があります。主に60歳~65歳の老年期にさしかかる頃に発生することがある病気です。発生した年齢や性別によって「閉経期うつ病」「更年期うつ病」など様々な名称がありますが、基本的に症状や原因は同じになります。身体が衰えていくことで今まで普通通りに出来ていたことが困難になった、老年期になったことで死を意識するようになった、仕事の能力が以前より低下したことを自覚したなど、加齢に伴う自身の変化がこの退行期うつ病の原因になっています。初期状態は無気力な感情は少なくて感情や意欲などは比較的活発になります。ですが、進行するにつれて身体的な症状を訴える仮面うつ病を発症したり、元気に見えても心の中は憂鬱感や自信の低下などが起こってしまう軽度うつ病になってしまうこともあります。この退行期うつ病は仮面うつ病に似ています。うつ病は生活や身体の変化がきっかけで発症してしまうので、家族だけではなくカウンセラーや医師にも理解してもらうことが重要になるでしょう。退行期うつ病にとって非常に大事なのは安心感を得ることです。様子がおかしいと思ったらセルフチェックを行なってみたり、疑わしい人にやらせてみるなどの行動をしましょう。